実践パソコンのトラブル解決

パソコンに関する事と、私が関心を持った出来事を紹介するブログ

本・雑誌

【注目記事】世界の「死に方」と「看取り」

bungei

文藝春秋に気になる記事が載っていたので紹介します。

世界の「死に方」と「看取り」です。

日本では「理想は本人の主導であるべき」と答えたのは76%。
「現実にも本人の主導」と答えたのは14%。
つまり、4人に3人は本人の理想に沿って終焉を迎えたいと考えている。
しかし、現実には7人に1人しか、それを実現できていない。

死をめぐる日本の考え方が如実に出ています。
一言で言えば、死にゆく本人の意向はないがしろ、というのが日本の現実です。
他の国は基本的には本人の尊厳を重視しています。
対して、日本では「家族の意向」が突出している。
つまり、日本人は本人の意向ではなく、家族や周囲の意向に沿って亡くなっているのです。

■管理人のひとこと
自分が死んだ時、妻や子供が看取ってくれるかどうかは、今後の自分の生き方にかかってくると思います。現実的に考えると、病院のベッドの上で亡くなるのが良いのかもしれません。死亡診断書もすぐ書いてもらえますしね。


【永久保存版】プレジデントの記事が神でした「資料の作り方」

img1
プレジデントの特集記事の「資料の作り方」がとても役に立つので紹介します。
ビジネスマンにとって資料作りはかかせないものです。
報告書、議事録、提案書など。
資料作りひとつで出世できるかどうか決まると言っても過言ではありません。

第2、第4月曜日発売
定価:750円(税込)
出版社:プレジテント社




大特集ページで、読み応えがあります。明日からすぐに実践できそうです。
img2

エクセルで表を作る際のコツを、Before と After でわかりやすく解説しています。
img3



【おすすめ】管理人の愛読書の紹介

zasshi
私は「月刊文藝春秋」と「週刊ダイヤモンド」を愛読しています。
この2誌を読んでおくと、世の中のことが結構わかってきます。

どちらも内容は難しいので、理解できない部分が多いのですが、読んでいるとなんとなく脳内補完できてきます。社会人として、知識をインプットするのは大事なことですので、これからも続けていきたいと思います。

■月刊文藝春秋
毎月10日発売
定価:880円(税込)
出版社:株式会社文藝春秋

■週刊ダイヤモンド
毎週月曜日発売
定価:657円+税
出版社:ダイヤモンド社


記事検索
スポンサーリンク
無料で稼げるサイト
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


モッピー!お金がたまるポイントサイト


人気ブログランキング


  • ライブドアブログ