ノートパソコンでは、電源ボタンを押した時、「スリープ」ボタンを押した時、カバーを閉じた時、いずれの場合も「スリープ状態」になるように設定されていることがある。この設定は「電源オプション」から変更できます。
ノートパソコンでは「バッテリ駆動」と「電源に接続」という2つの状態で、電源プランをそれぞれに設定することが可能。用途に合わせて変更してみよう。
デスクトップパソコンでも、電源ボタンを押したとき、「スリープ」ボタンを押した時の動作を変更できます。


「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」をクリック
dengen1

「電源ボタンの動作の変更」をクリック
dengen2

それぞれの設定を「▼」ボタンをクリックして目的の動作に変更する
dengen3